ご 相伴 に 預かる 意味。 「ご相伴」の意味は?「お相伴」との違いや「ご相伴にあずかる」、類語や英語も解説

相伴 意味 ご に 預かる 相伴 意味 ご に 預かる

職場や仕事の面においては、飲み会などで奢ってもらった際などに使われます。 常に立場が上の人がメイン 正客 とは限りません。

昨日は部長のお相伴で宴会に出たよ。 それに対し、「同行」は、目上の者についていく場合や、相手が行動の主であり、その相手についていく場合に用いられます。
相伴 意味 ご に 預かる 相伴 意味 ご に 預かる

ただ「ご相伴」と「お相伴」はどちらも正しい 結論から言うと、 「ご相伴」と「お相伴」のどちらも正しい表現になります。

2
・It is a trip abroad? (食事などを)呼ばれる・お呼ばれする• 部下を 帯同して、相手先に営業に向かう。 「与る」は「関係する、目上の人の好意を受ける、分け前をもらう」という意味です。
相伴 意味 ご に 預かる 相伴 意味 ご に 預かる

「同」は、「どう」「おなじ」と読み、「同じ」「事を共にする」という意味をもちます。 「ごしょうばん」「おしょうばん」どちらの読み方でも日本語では通っているため何ら問題はないと言ってよいでしょう。

1
・Thank you very much for joining me last week. 「ご相伴いただく」という使い方もできるので「私でよろしければ是非ご相伴させていただきたくおもいます。
相伴 意味 ご に 預かる 相伴 意味 ご に 預かる

そのため個人プレーという言葉は、行動を共にするという意味合いを持つご相伴・お相伴と反対の意味を持つ表現であると考えられます。

また、同席してくれる相手が取引先などこちらにとっても目上の相手の場合は「同席していただき助かります」など、場や相手を考えて返事をしましょう。
相伴 意味 ご に 預かる 相伴 意味 ご に 預かる

「お相伴」の類語と例文を教えて? 最後に 「お相伴」の類語と例文について見ていきましょう。

9
頂戴する• 「帯同」の類義語 帯同には以下のような類義語があります。
相伴 意味 ご に 預かる 相伴 意味 ご に 預かる

他人の行動に一緒に付き合うことを指す。

7
「相伴」ってなに? 「相伴」は、「連れ立っていくこと」「客の連れとしてもてなしを受けること」「他人の行動についていき利益を得ること」を意味する名詞です。
相伴 意味 ご に 預かる 相伴 意味 ご に 預かる

「ご相伴」に対する返事 「ご相伴にあずかります」の返事は「よろしく」など お供する相手から「ご相伴にあずかります」と言われた場合は「今日はよろしく」などと使いましょう。

メインの人、最上位の客を「正客(しょうきゃく)」、その人と共にお茶の席に招かれる人を「相伴」と呼びます。