念頭 に 置く。 「ご認識ください」「念頭に置いて」は失礼?

置く 念頭 に 置く 念頭 に

これが頭に入れるという言葉と混同され、念頭に入れるという言葉が生み出されたといわれています。 相手に対して念頭においてほしいことがあるのであれば、ビジネスのシーンではご了承くださいという言葉に変換して用いるようにしてください。 しかし、お含み下さいという言葉は知っておいてください、言葉の適切な敬語表現になるので、上の立場の人に対して用いることができるおすすめの表現だといいえます。

直接的な意味は異なるかもしれませんが、同じような意味として解釈することは可能です。
置く 念頭 に 置く 念頭 に

なぜならば、プライベートの場面においてもそうですが、それ以上にビジネスのシーンなどでも多様される言葉であり、文献などにも記載されている可能性が高いからです。 私たちが使っている日本語には同じような意味を持っている言葉や、そもそも言葉自体が非常に似ているものがいくつか存在しています。

では、そもそもご承知おき下さいとはどのような意味なのかと言うと「知っておいてください」という意味の言葉として知られています。
置く 念頭 に 置く 念頭 に

「念頭」は「心の中」「胸のうち」という意味になります。

6
「お含みおきください」は、事情を理解して記憶しておいてくださいという意味です。 言い換えた表現しても意味が通じるようになるので、結果的に念頭に置くという言葉と踏まえるという言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。
置く 念頭 に 置く 念頭 に

ビジネスのシーンで用いたりする場合は敬語表現で表現することも多いですが、場合によってはそのまま用いたりすることも多くあります。 」は文法的におかしいですね。

5
「念頭に入れる」は、後ほどご紹介する「頭に入れる」と混同して生まれた新しい言葉とみなして、誤用だとされています。 心にとめる 次にご紹介する念頭に置くという言葉と同じような意味を持っている類語は「心にとめる」という言葉が挙げられます。
置く 念頭 に 置く 念頭 に

そのため、ほとんど「念頭に置く」と同じ意味でしょう。 今後の研究によっては「念頭に入れる」も正しい表現になるかもしれません。

6
ビジネスのシーンにおいては前提にするという言葉をよく使われるので、言い換えた表現するチャンスが非常に多い言葉同士だといえます。 (出典:デジタル大辞泉) ・気に留める(きにとめる) 意味:心にとどめる。
置く 念頭 に 置く 念頭 に

「念頭に入れる」は誤用とする意見が多いので避ける 「念頭に入れる」は誤用とされることが多い表現です。 自分の心の中に留めておけば、いつでもそれを忘れないでいることができます。 例えば、お客様のことを念頭に置くということと、お客様の立場を考慮するということは同じような意味になります。

4
つまり、念頭に置くという言葉と全く同じような意味になりますので、ビジネスのシーンで用いる際にはご承知おき下さいという言葉で変換することができるといえます。 自分が決意を表すときと目下・対等の人に注意するときに使う 「念頭に置く」を使うのは、自分が決意を表すときと目下・対等の人に注意するときです。